箔押し(ホットスタンプ)
アルミなどの金属を蒸着したものや顔料をコーティングしたフィルムを、熱した刻印で製品に圧着して転写する方法。刻印には鉄・真鍮・銅・シリコンラバーなどの材質があり、製品のロット・形状などによって使い分けをします。また、箔には金・銀のほか顔料箔や色のついたメタリック箔・キラキラと光るホログラム箔など様々です。
 平面へのスタンプはもちろん、軸物や円筒製品の円周上や、多少の曲面へのスタンプも可能です。
 ●メリット
  ・インクを使った印刷では出せない金属光沢を得られ製品に高
   級感が生まれます。
  ・インクを使った印刷の様に溶剤を使用しないため、乾燥時間が
   不要になり作業時間が短縮できます。
 
デメリット
  ・細かい文字・柄が表現しにくい。
  ・大きな面積のスタンプが難しい。
  ・箔の色が限定される。
  ・スタンプ方法によっては、刻印代が割高になります。
   
お問い合わせはこちら (有)佐伯工芸 info@saeki-pr.com
このような光沢や、インクでは出せない柄物などに強いホットスタンプ。
インクでは出せない光沢や、柄物などはホットスタンプ(箔押し)でプリントします。
印刷サンプル