パット印刷
インクと版を使った印刷で、鉄製の版に図形を彫りその凹部に入るインクをシリコンラバー製のパットで拾い、そのパットを製品に押しあててインクを転写する印刷方法です。
  ●メリット
  ・パットが柔らかいため、2次・3次曲面、多少の凹凸のある製品に
   印刷が可能です。
  ・指定色の調色が可能です。
  
デメリット
  ・インクの膜厚が薄いため、下地の色の影響を受けやすい。
  ・大きいベタ柄の表現が難しい。
  ・多色の場合、1色につき1版作成するため、版代が割高に
   なってしまう。

  
お問い合わせはこちら (有)佐伯工芸 info@saeki-pr.com
 凹凸のある媒体にも難なくプリントできる体制をとっています。まずはご相談ください。
印刷サンプル