スクリーン印刷
インクと版を使った印刷で、版は木材またはアルミの枠にナイロンやテトロンなどの布を張ったもので、印刷部にインクが透過するように乳剤や紫外線などを使い孔をつくります。
その版にインクをのせヘラで刷ると孔からインクが適量押し出され印刷物にインクが乗るといった印刷方法です。
 プリントごっこもスクリーン印刷の一種です。
 平面への印刷が得意としますが、版自体に柔軟性があるので、少々の曲面でも印刷可能です。

  ●メリット
  ・厚膜に印刷できるので、鮮やかに色彩を表現できます。
  ・平面への印刷が得意としますが、版自体に柔軟性がある
   ので、少々の曲面でも印刷可能です。
  ・あらゆるタイプのインクが用意されており、多くの素材に対
   応可能です。
  ・指定色の調色が可能です。
  
デメリット
  ・多色の場合、1色につき1版作成するため、版代が割高に
   なってしまう。
  ・成形品にヒケ(へこみ)があるものには印刷できません。
  お問い合わせはこちら (有)佐伯工芸 info@saeki-pr.com
印刷サンプル
アクリル板、マグネットフック、コルク マスカラ